2007年11月17日

UMassで見てきたことをもとに、考えたこと。その他もろもろ。

 Learning Commons(以下、ラーコモ)って、でも、なんだかんだいって、ふつーの席貸しの延長に見えた。そこに、たくさんのPCがあることと、おしゃれなデザインのイス・机・ソファであることとのちがいで。正直、Academic Serviceのカウンターの人なんか手持ち無沙汰っぽかったし。ただ、Writing Centerは人気らしい。人気というか、Writing CenterにしろLearning Supportのサービスにしろ、ラーコモを作る前から元々あった学生向け教育プログラムなわけで、それがラーコモを機に移ったっていうあれなので、そのプログラム自体はラーコモの手柄でもなんでもない。
 ただ、注視すべきことがあるとするなら、その1、これがなかったらこの子らほんまにどこで勉強すんねやろう、て心配するくらい、周囲に何もない。で、いまこれがある。よかったね、ていう。その2、レファレンス・デスクやインフォメーション・デスクの配置がラーコモのどまんなかである。へりとか一角とかでない、まんなか。PCコーナーのすぐ横。学生たちの群れを遠くから見つめてる感じではなく、群れの中に自ら飛び込むかたちの配置。で、結果、なんでもないちょっとしたことを、なんとなく持ちかけることができる。ラーコモを(未だ)持ってない我々がしかっと覚えておくべきことは、やっぱしこの敷居の低さじゃなかろうかと思うたよ。

 日本へのILLの話。ここではもっぱらGIFをご利用で、NDLはよっぽど見つからないときくらいにしか使わない、とおっしゃった。別のあるところでは、GIFとかはよくわかんないけど、NDLさんにはいつもいつもほんとにお世話になって、助かってる、とおっしゃってた。ヨーロッパのとあるところでは、個人的な知り合いのつてを頼って、直接お願いする、とかいう話も特に珍しくはなかったし。
 いろいろあるよ。
 ・・・・・・てか、いろいろあるのが当たり前なんだな。日本みたいにいまどきはもはやILL=NACSISみたいな図式で整えられまくってる大学図書館業界のほうが、特殊っちゃあ特殊かも。もちろん悪いことではない。ただ、そうでない”いろいろある”ところからの依頼を受け付けるにあたって、その受付方法を、ふだんの「ILL=NACSIS」というがっちがちの間口の狭いのだけしかありえない、みたいに考えをこりかためてしまって、その結果、依頼側に不自由を強いる、ということがないようにせんとあかんな、と思うた。GIFがあるんだったらそれでいいじゃん、ではなく、NDLのあれがあったらそれでいいんじゃん、でもなくて、あの手もある、この手もある、そうじゃなかったらとりあえず相談に応じてどうにかする、ていうようなゆるゆるな感じで。別にそう大した事件になるわけでもなし、お互い幸せになれりゃそれでええわけやし。

 あと、参加した3つのクラスで教えてきたことのまとめ。
 CiNiiで、本文リンクがあっても見えないことが多いし、ていうか抄録すらないものだってたくさんある、という学生に、そういうときは一度その雑誌を出してる学会のWebサイトを探したらいいよ、CiNiiからはたどれなくても、抄録や全文を出してくれてることがたまにあるよ、ていう。あとは、とにかくあきらめずにググれ、と。どっかにあればそれにヒットする、と。
 Ajax IME。日本語IMEのないPCでも、ブラウザだけで日本語入力ができるよ。(そういえばこれって誰に教わったんだっけ、忘れちゃったけど、江上に教えてくれはった人に、ここであらためてお礼m(_ _)m。)
 7andY。YahooIDを持ってたら、注文した本をセブンイレブンで受け取れる。これは、日本滞在経験のある先生や院生さんがたいそう驚嘆しておられたよ。
 ニコニコ動画。堪能してください(笑)。ふだんは読売新聞サイトのニュースストリーミングとかを授業に使ってるらしい。あと、まあ、そうじゃない有名なところのを、ていう。
 京大電子図書館の貴重資料画像を使って、変体仮名・くずし字勉強のポイントを解説。御伽草子や阿国歌舞伎絵詞の現代語訳・英訳を見せながら、まずストーリーを頭に入れておいてから原文にとりかかると、スムーズに勉強ができます、ていう話。文学史年表を見せて、有名な作品をテキストに選べば、わからなくなったときにすぐに古典全集とかで答を確認できます、わからない字があったときは時間をかけて悩むよりは、すぐに答をカンニングするほうがよっぽど効率的、ていう話。徒然草の画像を見せて、平安時代の物語文学は古文としての難しさがひとしおだけど、徒然草だと初心者でもかなりわかりやすい古文になっているから、こっちのほうがいい、ていう話。あと、その徒然草の画像が刊写とりまぜて5種類あるのを見せて、同じ作品・同じ文章をちがう別の資料でくりかえし見ると、効果的に勉強できる、という話。日本永代蔵とかを見せて、近世の版本の漢字に振り仮名がたくさんついているものを読んで、漢字を覚える、ていう話。

 そんな感じです。

posted by egamihvu at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67059903
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。