2007年11月17日

日本の大学図書館は外からどう見えているかの一例。


 いいお話をたくさん聞けました。
 NYPLの画像のみのデータベースの例を出してますが、昔はBLにも似たのがあって、あれってすごくよかったんだけど、なんかデザインが変わって、どこに行っちゃったんだかよくわかんない。残念。

-----------------------------------------------------
(第22回)

 今回ご案内くださったSharon Domierさん(East Asian Studies Librarian, University of Massachusetts Amherst)は、日本分野を専門とするライブラリアンです。現在、『大学図書館研究』の編集委員を務め、日本でもたびたび講演を行なっておられます。

 (写真) 

 Domierさんは週5日のうち、3日をUMass Amherstで、1日をAmherst Collegeで、1日をSmith College(Amherst近くの街・Northampton)で勤めています。選書・発注指示・目録がメインの業務で、加えてサブジェクト・レファレンス、授業による教育活動を行なっています。

 Sharon Domierさんに、ご自身の普段の活動、日本の大学図書館・図書館員や情報サービスについてのご意見・ご感想などをうかがってみました。

●ライブラリアンとしての身分について
・UMassでは、制度上、ライブラリアンと教員がほぼ同じ身分として扱われている。
・ライブラリアンはその経験と業績によって、Librarian 1からLibrarian5まで順にステップアップしていく。ステップアップには、経験の蓄積や論文発表などの業績が必要で、これが仕事をする上でのモチベーションにつながっていく。
・大学によっては、ライブラリアンと補助スタッフとの身分が同じで、ステップアップもしていかないというところもある。

●日本の目録・書誌データベースについて
・日本分野の学生・教員が実際に使っているのは、主にOCLC・WorldCATと早稲田大学OPACのWINE。NACSISWebCAT/plusはその次。
・WorldCATやWINEは、NDL-OPAC・WebCATとちがってローマ字を表示してくれる、また出版社名のヨミを確認することができる。特に教員は、英語で書いた論文のレファレンスリストに出版社名をローマ字で記述しなければならず、その際にWorldCATやWINEが非常に重宝する。

●Webによる学術情報発信について
・特に、科研費報告書や博士論文の入手が難しく、それらが積極的にデジタル化され、インターネットでアクセスできるようになってくれるとよい。ただ、機関リポジトリにあるかどうかを調べるというようなことは、あまりやっていない。なにをどう検索すれば自分が望むものが見つかるのかが、まだよくはっきりしない。収録されてくれるようになれば助かる。
・近代出版物でも、古典籍資料でも、図・絵・写真など画像データがあるほうがいい。研究対象としても、プレゼン・発表用資料としても、教育用教材としても、画像は重要で、よく使われる。それらを上手に探せるようなサイトがあったり、検索できるツールがあったりするのがよい。
(註:NewYork Public Library(http://digitalgallery.nypl.org/nypldigital/dgkeysearchresult.cfm?word=Academic%20costume&s=3¬word=&f=2)のWebサイトなど、資料全体がデジタル化されているものだけでなく、資料内の挿絵・図・写真部分のみがピックアップされて、画像データベースとしてWeb公開されている例が多い。)

●日本のライブラリアンへのメッセージ
・アメリカの日本分野ライブラリアンと、日本の大学図書館員との交流の場、特に個人同士としての交流の場が持てるとよい。Domierさん自身も、大学図書館研究の編集委員を務めるまでは、日本の図書館員と交流を持つきっかけがほとんどなかった。
・そのためには、メールやWebでの交流もひとつの手段ではあるが、やはりお互いが実際に出会うこと。ACRLなどの会議に出席すること。ポスターセッションなど積極的な発表・活動を行なうことなどがよい。

posted by egamihvu at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67050332
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。