2007年03月17日

annotated (解題付きの)

 携行品解題です。
 で、結局何を持ってくんだ、ていうことについて、目ざといものを適宜解説していこうじゃないかという。

・電子レンジでご飯が炊けるお茶碗
 佐賀かどこかの焼き物やさんが通販で売ってたやつで、蓋付きのお茶碗の内側に線が2本引いてあって、ここまでお米を入れる、ここまでお水を入れる、蓋をしてレンジで15分チンする、1膳分のご飯が炊ける、といった便利グッズ。現地で100ドルくらいで炊飯器をわざわざ買うよりはぜんぜん良い。

・DVD「Otaku Unite」「Lost in translation」「世界美術館紀行・ボストン美術館の回」「Weekend Japanology」。

・ヨーロッパ企画関係DVDのうち、重複所蔵であるものなど。

・サンダル
 欧米ではサンダルやスリッパというものを使わないらしい、当たり前である、部屋ん中で靴はいてるんだから。使わないから、売ってないらしい。でも、デパートには売ってるらしい。以上、ネットの雑言なので真偽は不明。でも、ずっと靴だと絶対足がじゅくじゅくになる。ので、一応、持ってってみることにする。

・前回、前々回にアメリカ旅行したときのリングノート
 2002年のNY・ISI、2003年のNY・Boston、それぞれのときのリングノート、これには事務情報なり観光情報なり勉強情報なり想い出情報なりが刻まれているので、持っていって見ることにする。そしてなぜか、eu2006以下欧州旅行分も。なぜだ(笑)。

・日本規格の延長コードとタコ足タップ
 変圧器も実際そんなに手に入らないらしいとききましたよ。じゃあ、延長コードやタコ足タップなんかなおさらじゃん、ていう。といっても、日本規格のそれが必要なのはPC・カメラ周りだけなので、そんなにたいそうなのは必要ないと思われる。

・お気に文具類
 文具ひとつで仕事の効率は段違いなのですよ。お気にで手放せないものはできるだけ準備しておく。かさ・重さだってたかがしれてるし。持ってくのは、太サインペン、ミニホチキスと日本規格の針、シャーペンとボールペンがいっしょになったのとその替え芯、携帯用穴あけパンチ、穴を開けなくても書類やクリアファイルを紙ファイルに綴じることのできるシール(http://www.altech.ne.jp/product/251-701.htm)。あと、ネットで皆が異口同音に力説しているのが「アメリカの消しゴムは汚れるだけで一向に消せやしない」ということなので、消しゴムを。

・こだわりのだしパック
 カツオとか鯖とかの粉末がティーバッグみたいのに入ってて、うどんとかのだしをとるやつ。江上の日常食は8割方これで作られる(笑)。しかも、彼の地で手に入るかどうかは微妙に不明。入るならいいんだけど。

・こだわりの七味
 七味は京都に限る! 京都のでなきゃ七味なんかいらない! ていうか、江上が好き好んで七味を使うようになったのは京都のやつだけなので、彼の地で売ってたとしてつまんないS&Bのやつ(謝)だけだったりすると困るので、京都の七味を持って行くのですよ。

・こだわりのわさび
 彼の地で売ってたとしてつまんないS&Bのやつだけだったりすると困るので(註:安く手に入る日本のチューブわさびはだいたい毒入り)、そうでない、いつも選び買ってるわさびを持って行くのですよ。

・サブ眼鏡
 江上はふだんかなりでっかいレンズの眼鏡を愛用していて、以前フレームがダメになって作り替えたときに、レンズのほうは難なしだったので、これを再利用してもうひとつ眼鏡を作れませんかと交渉したところ、かなりちっちゃくはなったもののもうひとつ眼鏡を作ってもらえたので、それを予備として持っていくのですよ。ちなみに言うと、このサブ眼鏡は毎回の海外旅行のときに持参しているよ。

・巻尺
 用途1。郵便物や小包や手荷物の大きさを事前に測る。
 用途2。部屋内の家具の配置や生活用具のサイズを測り、計画的な室内レイアウトを目指す。
 用途3。目録作成のために、図書の縦サイズを測る。特に古典籍資料は、硬いものさしなんかあてられないので、軟い巻尺が必須。

・こだわりの歯ブラシ
 欧米で売ってる歯ブラシはおおむね日本人には硬い、ときいたよ。これは、日本においても「とくにやわらかめ」と表示のついた歯ブラシを日頃愛用している自分にとっては一大事であると。いまのところ洛北カナートの地下でしか売ってるのを見たことがない。

・薄い布手袋と、薄いゴム手袋(束)
 江上はすぐ手あれがひどくなるので、洗い物をするときも、掃除をするときも、仕事で本を扱うときも、自転車に乗るときも、健やかなる時も病めるときも、つねに薄い布手袋やゴム手袋をはめるのですよ。それが、もちろん彼の地にも売ってるとは思うのですが、もしかしてアメリカ人仕様ででっかかったり、ぶ厚かったり、ごつかったりした困るな、というので、当面の数分は持ち込もうという塩梅なのですよ。

 要するに。
 日本のものだってたいていは彼の地に売ってる、とは聞いていても、自分の好み・ニーズに合った微妙なものまでがほんとに品揃えしてくれてるか、についてはすこぶる疑わしいので、念のため持っていく、という要領になるのですよ。

 荷物が増えるなあ。
posted by egamihvu at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36201887
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。