2008年11月05日

HVUday・目録編まとめ--次世代OPAC・目録の検討


・このトピックスについてのday・日記記事
 ハーバード日記 : 42. 次世代OPACへ向けて
 http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/modules/wordpress/index.php?p=70
・参考文献
 工藤 絵理子, 片岡 真. “次世代OPACの可能性―その特徴と導入への課題―”. 情報管理. Vol. 51, No. 7, (2008), 480-498 .
 http://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/51/7/480/_pdf/-char/ja/

・Task Group on Discovery and Metadata
 http://isites.harvard.edu/k13676
・2006年秋 発足
 University Library Council (ULC)の委託でタスクグループとして活動(-2007秋)
・学内のDiscovery & Metadataのあり方を検討する
 −学内外の動向・情報技術のレビュー
 −その考察・評価
 −短期的アクションの提案

・2007年9月 最終報告書(Task Group Final Report)
 http://isites.harvard.edu/k13676
・趣旨
 ユーザの情報環境が大きく変化し、図書館サービスの革新が必要である
 短期的アクションプランを優先すべきである (長考している時期ではない)
 継続性と蓄積を重視し、慎重に行動すべきである (大幅な変更はすべきでない)

・動向のレビュー
 レレバンス
 ファセット
 視覚化(タグクラウド等)
 統合検索
 WorldCat Local
 FRBR
 RDA
 表紙画像・目次情報・書評情報
 ソーシャル機能 (レーティング・タグ等)

・考察・評価
 OPACの革新が喫緊の課題である。
 RDA等メタデータ標準の将来像は、まったく不透明である。
 いまは目録情報自体は変えず、その蓄積を利用するべき。
 表紙・目次等、目録情報の豊富化はすぐに必要である。
 一般図書は外注等で済ませ、特殊資料等に力点をおくべきである。
 外部で利用可能なオープンなシステムを構築すべきである。(マッシュアップ的な)
 多様化したユーザの情報行動を把握すべきである。
 トライアル&エラー、柔軟かつ俊敏な活動を行なうべきである。

・短期的アクション(2007/2008)の提案
 次期OPACに向けてのシステム調査を引き続き行なう
 ファセット・レレバンス・FRBRizedを優先して考える
 ソーシャル機能は優先しない
 目録情報の豊富化にすぐにとりかかる
 コースウェブサイトで使えるようにする(オープンの一環)
 業務効率化のため、学内における効率化成功の事例を共有する

・Discovery and Metadata Coordinating Committee
 http://isites.harvard.edu/k22482 (制限)
・2007年秋 発足 ←旧タスクグループメンバーがほぼ引継
・カタロギング、図書館システム、情報サービス、特殊資料等、あらゆるグループ・委員会を統括する上部組織として
・次世代OPAC等のdiscoveryシステムと、新しいcataloging体制の構築のため、舵取り

・Task Force to Select a New Discovery Platform
 http://isites.harvard.edu/k32321 (制限)
 各種OPACシステムについて継続調査中

posted by egamihvu at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。