2008年10月21日

HVUday大反省大会--あなたの日記ものぞかせて

 研修の報告に大事なこと。
 オープンであれ。
 そしてできれば、リアルタイムであってほしい。

 それはもう、先に書いた(http://hvuday.seesaa.net/article/106483691.html)ことなんだけども、研修の内容どころか存在すら充分に周知されていないとかじゃだめだろう、と。報告も、例えば文書が書かれたとしても、そのファイルが内部向けの事務文書に留まったまま、オープンな場では公開されていない、ていう例も少なくない。運良くwebに載ったとしても、だいぶ見つけにくい・見つかりにくいところにある、ていうんでは、やはりちょっと哀しいかろう、と。
 いやこれね、探すのほんとにしんどかったですよ、見つかんないんだもの。

 成果が広く共有されなかったら、もったいない、ていうだけの話ではなく。

 研修? ああ、行く人が行くってだけのやつでしょ、あたしらにはカンケーないし、人が減るだけメーワクな話だっつーの、ふっ。

 研修内容を還元、つってみたところで、結局はその間に席が空くわけだし、元の職場にどえらく負担をかけることには変わりない。これが成り立つには、”研修”というものそのものに対する、たくさんの人の理解と協力というものが、どうしても不可欠ですよ。
 そんなところへ来て、「あたしらにはカンケーないし」なんてこと、思われてる場合じゃないっつー話ですよ。

 もったいないから、コスト回収、という以前の問題。
 還元は人のためならず、自分自身のためですよ。

 で、まあさらに言うなら、リアルタイムのほうが効果が高いし、後から思い出し思い出し書くよりも、その場でその時で書いたほうがええもん書けるし、なにより楽しいよ。

 ていうかですね、長期・滞在型の研修を実際に行なってこられた皆さんのなかにも、オフィシャルなそれはないものの、プライベートなレベルでのブログだのなんだので現地の様子を日々紹介してる、ていう例は、江上が見つけ把握してる限りでもたくさんたくさんあるのですよね。ありますよね。ねっ(笑)。
 これがもうあと一歩進んで、オフィシャルな場で展開され、その成果が広く共有される、ということを期待したいのですよ。

 ・・・・・・いや、そうはいっても、そのあと一歩がだいぶしんどいんですよね、うん。

posted by egamihvu at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。