2008年09月13日

HVU大反省大会--休題としての文献リスト

 

 で、ですね。
 自分のをふりかえってみるだけではちょっとあれなんで、ここ数年で、長期(1ヶ月以上と設定)滞在型の海外研修、図書館のね、そういったタイプの研修でどこぞへおいでになった方々の、その報告の論文なり文書なりを、だぁーっとかき集めてみて、ぐわぁーっと通読して、のわぁーっと考えてみたのですよ。
 日本の大学図書館の職員というのは、特に個々最近、しょっちゅう海外に行ってあちこち見学だの調査だのして来てはる。但し、そのほとんどが、短期・訪問型。1週間とか、2週間とか。それも、1週間ずっとひとところにいるわけではなくて、大駆け足大会で数ヶ所を巡る、スーパーお遍路の旅。自分もそのひとりだったし、公私合わせて何度か経験しとりますよね。
 さてじゃあ、今回初めて長期・滞在型の海外研修を経験したわけなんだけども、それと、短期のとでは、どういった点が異なるのか、どういう特有なメリットがあるのか。あるいは、解決されるべき課題は何か。
 といったことをですね、まあだいぶ私見ではあるのですけども、ちょっとつらつら考えてみた、と思いねぇ。


 次からは、そういう話。



 で、それに資する文献リスト。

庄ゆかり. "イリノイ大学モーテンソンセンターで学んだマーケティングはどう活用できるか". 若きライブラリアンの海外大学図書館研修 : Global Librarian Networkの形成を求めて : 平成19年度国立大学図書館協会シンポジウム実施要項. http://www.library.osaka-u.ac.jp/sympo/sho.pdf
森恭子. "ハーバード大学イェンチン図書館の実務研修は何を残したか". 若きライブラリアンの海外大学図書館研修 : Global Librarian Networkの形成を求めて : 平成19年度国立大学図書館協会シンポジウム実施要項. http://www.library.osaka-u.ac.jp/sympo/mori.pdf
片岡真. "ユーザーの視点によるサービス構築 : トロント大学図書館での経験". 若きライブラリアンの海外大学図書館研修 : Global Librarian Networkの形成を求めて : 平成19年度国立大学図書館協会シンポジウム実施要項. http://www.library.osaka-u.ac.jp/sympo/kataoka.pdf
星子奈美. "Queensland University of Technology (QUT)における機関リポジトリ業務の実際". 若きライブラリアンの海外大学図書館研修 : Global Librarian Networkの形成を求めて : 平成19年度国立大学図書館協会シンポジウム実施要項. http://www.library.osaka-u.ac.jp/sympo/hoshiko.pdf

鷹尾道代. "海外派遣研修の報告と今後の課題". 私立大学図書館協会. http://www.jaspul.org/kokusai-cilc/haken_report2003.html
梅澤貴典. "2004年度海外派遣研修報告書". 私立大学図書館協会. http://www.jaspul.org/kokusai-cilc/haken_report2004.html
峯環. "2005年度海外派遣研修報告". 私立大学図書館協会. http://www.jaspul.org/kokusai-cilc/haken_report2005.pdf
高井響. "2006年度海外派遣研修報告書". 私立大学図書館協会. http://www.jaspul.org/kokusai-cilc/haken_report2006.pdf
伊藤秀弥. "2007年度海外派遣研修報告書". 私立大学図書館協会. http://www.jaspul.org/kokusai-cilc/haken_report2007.pdf

Takeshi Kuboyama. 10 weeks @ the University of Pittsburgh Libraries: Realizing the differences…. Library Connect Newsletter. Vol.6, No.2, 2008.4, p.14.
大塚志乃. イリノイ大学モーテンソンセンター2007国際図書館員研修プログラムに参加して. 大阪大学図書館報. 41巻, 3号, 2008.3, p.10-11.
大塚志乃. "イリノイ大学モーテンソンセンターAssociates Programに参加して". 図書系職員勉強会(仮称)ホームページ. http://kulibrarians.hp.infoseek.co.jp/95th/95th.pdf
庄ゆかり. イリノイ大学モーテンソンセンターFall 2006 Associates Program参加報告. 大学図書館研究. No.80, 2007.8, p.108-120.
星子奈美. Queensland University of Technology (QUT) 研修報告. 九州大学附属図書館研究開発室年報. 2006/2007, 2007.6, p.36-42.
Librarian residency promotes international collaboration. Library Connect Newsletter. Vol.5, No.2, 2007.4, p.10.
峯環. アメリカの大学図書館における利用者サービスに学ぶ : イリノイ大学モーテンソン・センター国際図書館プログラムに参加して. 大学図書館研究. No.78, 2006.12, p.40-52.
土居純子. Go ahead!! : 在外研修で考えたこと : 在外研修レポート. 同志社大学広報. No.377, 2005.11, p.19.
岡本聖. 交換研修トロント大学図書館へ. MediaNet. 12, 2005.10, p.75-77.
梅澤貴典. アメリカの大学図書館運営 : モーテンソンセンター国際図書館プログラム参加報告. 大学図書館研究. No.74, 2005.8, p.40-54.
村田優美子. トロント大学での半年間. MediaNet. 11, 2004.10, p.62-63.
上野恵. スウェーデン ヴェクショー大学図書館からのメッセージ. 大学図書館研究. No.71, 2004.8, p.33-40.
鷹尾道代. アメリカにおける大学図書館員の専門性について : イリノイ大学モーテンソン・センター国際図書館プログラムに参加して. 大学図書館研究. No.71, 2004.8, p.17-32.

 多いと見るか、少ないと見るか。

 江上のは、また今度。

posted by egamihvu at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106483891
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。