2008年09月10日

HVU大反省大会--ハーバードの図書館で、日本の古典籍の整理をする。あと、愛も叫ぶ。

 これは、「出版事業」としての補遺目録プロジェクトとは別の営みになるんだけど、まあ今回の補遺目録の対象となっている資料の多くが、まだHOLLISに未収録であるわけなんで、これがHOLLISに収録されてくれないことには、補遺目録をいくら整備しようが、利用者に提供なんかできないし、アクセスもできなくなっちゃうよね、という問題があって、じゃあ、そのHOLLIS&OCLCに目録登録するっていうカタロギングの仕事を、江上が手伝う、ていう感じで当初やってたんだけど、残念ながらこれが途中で終わってしまったという事情があって、だいぶいまでも心残りになっているよ。

 ハーバードさんにおけるカタロギングというのは、まず、OCLCの総合目録データベースに書誌と簡易所蔵を登録して、しかるのちにハーバードの目録データベースにその書誌をダウンロードして、詳細な所蔵を登録する、という流れですよ。
 OCLCに登録する際に使われるのがOCLC Connexionと呼ばれる専用ソフトウェアで、CJK文字もここで使える(諸事情により若干の制約あり)。で、ハーバードさんの目録データベースに登録するにあたっては、図書館業務用システムであるAlephを使う。で、江上はその作業を、HYL内において江上にあてがわれた図書館業務用システム端末(ConnexionもAlephも入っとぉる)を使って、行なう、といった具合。

 OCLCやハーバードでの、ていうかたぶん北米での、日本語資料の書誌レコードというのは、ひとフィールドに日本語で記述したあと、それと同じMARC番号を持つフィールドをもうひとつ作って、同じ記述を英語(ローマ字)で併記する、そして、しかるのちに両者をリンク付けする、ていう仕組み。

 あと、日本古典籍のカタロギングとはいえ、適用する目録規則はAACR2なので、まずここで1回、世界観がぐにゃりと曲がる。で、CEALで作成されたガイドライン(Descriptive Cataloging Guidelines for Pre-Meiji Japanese Books)も見る必要があって、これが、NACSIS-CATの和古書コーディングマニュアルとちょっと似ててたまにちがう、ていう感じなので、ここでトラップにかかりまくる。さらに、まったく使い慣れていないMARCフォーマットとそのルール、それをベースにしたOCLCさん独自の運用ルール、もちろんハーバードさんのローカルルールもあるわけなんで、総勢でぼっこぼこにされる。

 で、古典籍でしょ。

 1日3つできりゃマシなほうでしたよ。(涙)

posted by egamihvu at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106321697
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。