2008年09月04日

HVU大反省大会--環境が変わったぞ号

 
 研修期間中の江上は、「ハーバード大学に在籍するvisiting fellow」ていう身分なので、一応、ハーバード大学の一員として扱われることになるのですよ。例、ハーバード大学の身分証が発行される。顔入りID。あと、職員番号とパスワードが付与される。この身分証なり職員番号なりが、図書館のIDにもなるし、ビル立ち入りのIDにもなるし、コピー機とか売店・カフェとかでの支払いをするクリムゾンキャッシュという制度のアカウントとしてもそのまま利用する、という。

 webサービスには先の職員番号とパスワードが使われるわけで、職員用ポータルサイトだとか給与システム(10000ドルの月割り支払いはこのシステムを使用)にログインしたりするよ。そして同じく、学内LANへのアクセスもできるし、キャンパス内には至るところに無線LANがあるので、お手持ちのラップトップPCを小粋に持ち歩いて(註:小粋かどうかは各人による)、職場でも、図書館でも、カフェでも、キャンパス内であればどこででもネットにつながるという、いま話題のユビキタス(笑)ですよ。ていうか、このID・パスワードを使えば学外からも学内LANにアクセスできるので、自宅だとか、街中のカフェから小粋に(註:小粋かどうかはry)学内限定サイトとかにアクセスできる、ていう仕組みでしたよ。PPなんとかではない。たぶん。

 例えば、HCL(もうさんざっぱら説明したけど念のため、ハーバードにたくさんある図書館たちのうち13だけがグループを組んどるもの)に所属する図書館の図書館職員だけがアクセスできますよ、ていう情報共有用webサイトがあったりするんだけど、じゃあ、そこへアクセスしてもいいですよ、ていう許可が江上(のID・PW)に与えられる。ことほどさように、ハーバード大学には職員向けとか教員向けとか学生向けとかWG向けとか誰それという条件を持つひと向けとかいうように、情報共有用webサイトがやまと郡山あって、もちろん図書館業務・サービス関係のものもそこにはあるわけなんだけど、じゃあ例えば江上がそれらのどれにアクセス許可されて、どれは不許可なのかっていうのは、サイトごとにそれぞれ設定されていて、江上がアクセスできるものもあれば、途中までならアクセスできるものもあれば、トップページだけでだがそれ以上は断る、ていうのもあるよ。

 そうそう、ハーバード大学でのメールアカウント(harvard.edu)を取得した、ていうのも結構大きくて、harvard.eduのメアドの人だけ加入できるよ、ていう図書館職員用情報共有MLとかもあるから、それに加入さしてもらって、生の小粋な(註:もういい)情報をしこたま仕入れられるという。

 このへんだな、やっぱ、短期と段違いなのは。

 あとは、ハーバードの図書館さんが採用してるシステムである「Aleph」を操作するための個人IDももらえたよ。但し、OCLCでカタロギングという仕事をしてはいたんだけど、そのIDは共有のだった。これは、もとから共有らしい。

 イェンチンでの江上の立場は、visiting fellowっていう肩書き。イェンチンの一員であるという扱いで、名簿にも名前が載せられるよ。名簿に名前が載るのは、載らないのとはだいぶちがうよね。で、イェンチンの中の「Japanese Acquisitions and Reference Section」ていうところ、つまり、日本分野研究を支えるために蔵書構築とレファレンスを行なうよ、ていうところに、いる、ということになってたよ。ここは、サブジェクトライブラリアン1人と、補佐のスタッフ2人からなるよ。カタロギング担当の日本人ライブラリアンとか、閲覧まわりの日本人スタッフとかは、また基本的に別部署だよ。

 江上は、そのセクションのオフィスに、机を与えられ、端末も与えられ、そこにいる、ていう感じになったよ。

 ライシャワー? いや、お知らせ的なことはぽつぽつ来てたけど、そこで特に何かをしてたとかではないよ。たまにパーティのお誘いとかあって、それは、行った(笑)。

 さてさて、この研修の内容として「業務実地体験」ていうのがあったと思うんだけど、これって別に、イェンチンさんなりハーバードさんなりで、これこれを片付けさせようとか、これこれを担当させようとか、担当業務を割り振られてたわけでもないし、なんとかモーテンソンさんみたいにプログラム的なのがあるわけでもなくて、基本、白紙。で、行ってから相談して、じゃあこれこれこうしましょうか、こうしてもらいましょうか、ていうのを、イェンチンさん側のニーズと、こっち側の来歴なり適性なり本国での職務なりとを勘案して、随時決めていったり、変更したりしていく、ていう感じでしたよ。だから、だいぶフリーっちゃあ、フリー。プレッシャーっちゃあ、プレッシャー。人によって向き不向きはあるかもしれん、ていうあれですよね。
posted by egamihvu at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105985577
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。