2008年11月06日

HVUday・目録編まとめ--マンガのカタロギング(オハイオ州立大学)

 
・このトピックスについてのday・日記記事
 ハーバード日記 : 34. 日本のマンガを保存する図書館--Cartoon Research Library, Ohio State University
 http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/modules/wordpress/index.php?p=61
 HVUdayマンガ夜話 第1夜
 http://hvuday.seesaa.net/article/83304931.html
 HVUdayマンガ夜話 第2話
 http://hvuday.seesaa.net/article/83305530.html
 Ohio State UniversityのCartoon Research Libraryについてご報告します。
 http://hvuday.seesaa.net/article/84766971.html
 マンガ学の講義を受講するアメリカの大学生が守らなければならないルールとは?
 http://hvuday.seesaa.net/article/83665779.html
 Discussing manga bibliography with Egami Toshinori of Kyoto U Library
 http://library.osu.edu/blogs/manga/2008/03/14/egami-toshinoris-visit-discussions-about-manga-bibliography/

・Cartoon Research Library (Ohio State University)
 http://cartoons.osu.edu/
・マンガ資料専門の研究図書館・特殊文庫
 1977年設立 (寄贈された漫画家の遺稿が母体)
 日本のマンガ・関連図書 約10000冊
・Manga blog, Ohio State University Libraries
 http://library.osu.edu/blogs/manga/
・OSCAR (OPAC)
 http://library.ohio-state.edu/search/

・MANGA Cataloging Manual
 http://library.osu.edu/sites/scc/locs/mangaprj.php
 (Special Collections Cataloging Department)
・日本のマンガに特有の出版事情・形態の解説
 書誌記述についての解説
 用語説明
・サマリー
 例:”A story about a wizard who works for the imperial court during the Heian period in Japan. He solves weird problems by using his magical knowledge based on the Ying yang cult.”
 →「陰陽師」
・ジャンルターム
 例:
 650 0 Baseball |z Japan |v Comic books, strips, etc
 655 7 Boys' manga |y Showa 1945-1989 |2 local
 655 7 Romance manga |y Showa 1945-1989 |2 local
 655 7 Sports manga |y Showa 1945-1989 |2 local
 655 7 School manga |y Showa 1945-1989 |2 local
・マンガを読み慣れた日本人には常識となっているようなことでも、米国人には理解しづらいため、サマリーやジャンルタームを入力してその内容を明らかにする必要がある。
posted by egamihvu at 18:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HVUday・目録編まとめ--OCLCにおける日本語対応の経緯

・このトピックスについてのday・日記記事
 ハーバード日記 : 32. 世界最大の図書館情報サービス – OCLC
 http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/modules/wordpress/index.php?p=59
 ハーバード日記 : 33. 日本語は日本語のままで – OCLCのCJKシステム
 http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/modules/wordpress/index.php?p=62
 OCLCの中の書誌を読んでみる
 http://hvuday.seesaa.net/article/83307008.html

・OCLC
 http://www.oclc.org/
 OCLC CJK Users Group
 http://oclccjk.lib.uci.edu/

・OCLCは
 コンピュータ・ネットワークを通して、図書館活動に必要な情報・サービスを提供する、非営利団体。
 1967年設立。
 オハイオ州・ダブリンにある。
 アメリカを中心に、112カ国6万館以上にサービス提供。
 WorldCatは、書誌レコード・8000万件 所蔵レコード・13億件 (2007年現在)

・1983年 RLGが先にRLINのCJK対応を開始
・1986年 「OCLC CJK 350」提供開始
 OCLC目録用端末で、ヨミから入力が可能
 (←→RLINはCJK専用端末で、キーボードで部首を入力)
 10館ほどのテスト運用からスタート
 1987年当時 日本語資料の書誌 約15万件

・1986年 紀伊国屋書店が日本代理店になる
・1987年 OCLCにAsia & Pacific 部門ができる
・1989年 ハーバード-イェンチン図書館が参加(ハーバード自体はRLIN)
・この時期
 各館のデータベース化が進行し、CJKにお鉢が回りだす
 大規模館がぼつぼつ参加
 ワープロ機能・カード印刷等の開発
 OCLC Tech Proによるカード遡及事業
・1991年 OCLC CJK Users Group 発足

・1991年 Windows対応システムの開発
 (まずCJKから着手、失敗しても全体に影響が少ない?)
・1992年 「CJK Plus」(Windows用)提供

・1995年 早稲田、日本語書誌を一括提供
 1995:約28万、2001:約28万、2004:約15万件
 2004年以降 月1回定期提供を開始
 2007年1月現在 計約75万件
 MARCフォーマット変換等で、紀伊国屋書店が協力
・1996年 イェンチン図のカード遡及事業
 ↓
・1997年当時
 日本語資料の書誌レコード 約114万件
 参加機関 約50機関

・1998年 「OCLC Access suite」提供
 Windows用CD-ROM
 参加館無料配布
 CJK取扱い用ソフト類をデフォルトで含む
 →特別な申請・手続きなしでCJK取扱いが可能になる
・2002年 「OCLC Connexion」提供

・2006年 RLG/RLINと統合
 2007年 RLIN書誌レコードを搭載 (4月ラテン文字書誌 7月CJK書誌)
 統合後 TRCの日本語書誌提供 (現在週1回)

・2008年2月現在
 日本語資料の書誌レコード 約248万件
 うち日本語記述を含むレコード 約220万件
(CJK記述を含むレコード 約440万件)
(RLINレコード統合前(2007年1月)
 日本語資料の書誌レコード 約167万件
 うち日本語記述を含むレコード 約142万件)

・OCLC Connexion (CJK対応はクライアント版のみ)
・レコードはMARC21方式
・CJK文字コードはMARC-8
・TRC・早稲田から日本語書誌を定期的に提供中
・紀伊国屋書店(米国)のOCLC書誌作成サービス
 (納品時に書誌がなければ作成してくれる)

・漢字の分かち書きの有無が、RLIN(有)とOCLC(無)とでちがう。
・OCLCでは書誌編集に資格が必要
 →RLINからの参加組はしばらく”新参機関”扱いだったため、書誌編集ができなかった
・TRCレコードの重複 (システム上の問題?)
・日米で書誌作成方針が異なる
 北米仕様に合致しないデータの混入・上書
・文字コードがUNICODEでない
 (UNICODEは使われていない。これは、JACKPHY文字はUNICODEを使わないとALAで決められたため。)

posted by egamihvu at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。