2008年10月20日

HVU大反省大会--L×I×V×E

 ハーバード大学の中の人になれる。
 これによるメリットがどれほど大きいか、ということですよね。

 図書館に入れる。図書館の設備と資料を使える。図書館サービスを体験できる。

 学内ネットワークだってアクセスできちゃうわけで、かつ、キャンパス内にはほぼ全域にわたって無線LANが効いているので、ラップトップPCがあればあらゆる場所が書斎ですよね。キャンパス外のネットワークからでも、認証通れるから学内ネットワークにアクセスできますよね。

 それだけでなくて、例えばメールアカウントを取得できる。これにより、学内向け&業務用メーリングリストに加入できる。学内向け&業務用webサイトにアクセスできる。図書館や事務局が発する学内限定の、内輪向けの、カレントな、なまなましい情報を得ることができる。
 学内向けの勉強会やミーティングに参加できる。アメリカのライブラリアンの活動・行動・考えの生の実態を知ることができる。直接彼ら彼女らとディスカッションをすることができる。学内の人脈をたどっていろいろな部署の様子を知ることができる。

 中の人になれたからこそ、おとといの深夜にあの通りの角で図書館帰りの院生が強盗に襲われたとか、クリスマス前の月曜日を休みにすることにしますとか、このたび我が部署ではカタロギングのルールをこう変えることにしますとか、学内のほとんどのライブラリアンが学術論文のオープンアクセスに反対はしないものの、自分の論文をオープンにすることには抵抗がある、と回答したとか、図書館システム(Aleph)の全学維持経費が年間4億円とか、そういう情報を得ることができる。

 すべてが、生。
 すべてが、リアルタイム。そして双方向、インタラクティブ。

 絵本入り込み靴。(←ちがうくない?)
posted by egamihvu at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。