2008年08月11日

ハーバードの報告類をまとめてみるよ。

 (1)
 6月下旬に、日本図書館研究会というところの、第254回研究例会として、2時間ほどの口頭発表を行ないましたよ。
 ↓http://wwwsoc.nii.ac.jp/nal/events/reikai/2008/254invit.html
-----------------------------------------------------
第254回研究例会
ハーバード日記 : 司書が見たアメリカ
日時: 2008年6月20日(金)19:00〜21:00
会場: 大阪市立弁天町市民学習センター 第3研修室
発表者 : 江上 敏哲(国際日本文化研究センター)
-----------------------------------------------------

 レビューができとるな。
 http://wwwsoc.nii.ac.jp/nal/events/reikai/2008/254report.html
 
 ペース配分を誤った、というか、参加者数がそれほど多くなかったので、これは質疑応答時間少なめにしないと持たないかも、という目算から、だいぶ意図的に肉付けしながらしゃべった感じだったんだけど、それでも誤った、という感じだった。
 でも、やっぱちゃんと説明しようと思ったら、前置きの説明ってどうしても長くせざるを得んのですよね、特にハーバードさんみたいなでっかい規模のところだとね。2時間ドラマとかで、人物やシチュエーションの紹介に1時間弱かかってしまう感じのやつ。

 (2)
 某京大の勉強会での第2回目公演。
 ↓http://kulibrarians.hp.infoseek.co.jp/101th/101th.htm
-----------------------------------------------------
第101回勉強会
内容: ハーバード日記 : 司書が見たアメリカ
発表者: 江上敏哲(国際日本文化研究センター)
日時:6月27日(金)18:30 - 20:00
場所:京都大学附属図書館3階研究開発室
終了後、懇親会あり
-----------------------------------------------------

 参加者17名。こっちのが多かった。
 レビューもできとるので、
 http://kulibrarians.hp.infoseek.co.jp/101th/101th.htm
 上記のと読み比べてみてください。

 (3)
 岡本さんのARGのイベント「ARGカフェ」で、5分トークをしてきましたよ。
 「ネットとリアルの境界線」というテーマで。
 要は、どこぞの図書館に見学に行くのに、webで充分予習しているともう90%は判った気になるんだけど、実際に訪問すると、現地に立ってみて初めて気付くこと(音とか光とか空間とか見え方とかからくる違い)もあるし、実際そこの人と話をしてみて初めて気付くこと(情報に肉付けがされ、評価がされ、各情報の持つそもそものノリの違いが、トークの端々にあらわれる)もあるし、ていう感じの話をしましたよ。
 これは、余裕があればいずれ再録したいよ。

 (4)
 それから、大学図書館問題研究会の月刊誌である「大学の図書館」に、原稿を依頼されて書きました。
 UMass Amherstのラーニング・コモンズについて。
 タイトルは「UMass Amherstのラーニング・コモンズ--94%の学生が週1で訪れる場所--」。
 「大学の図書館」は、封筒を開けて取り出したときに、1ページ目の上半身に目次がでんっと出るので、そこで目にとめてもらえやすいように、ちょっと長かったけどがんばって、キャッチーな数字を副題にねじこんでみたよ。
 ・・・・・・長すぎるっつってカットされたら、終わり\(^o^)/。

 そもそも江上は、ラーニング・コモンズについて一家言持つような者でもなんでもなかったんだけど、どうもあの「日記」(http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/modules/wordpress/index.php?p=44)はいろいろと目にとめてもらえてたみたいで、ありがたいことに、依頼をもらったよ。ていうかぶっちゃけ、UMassに行く1週間くらい前まで「ラーニング・コモンズ」ちゅう名前すらほとんど知らなかったんですけど。ただ、やっぱりモノが”場所”であるだけあって、現地を見た経験があるか/ないかでは、たぶんぜんぜん筆のノリが違っちゃうんだろうなあ、とは思うよ。

 (5)
 「漢字文献情報処理研究」というところから依頼されて、いま、蔵書デジタル化事業についての原稿を書いているところですよ。これも、「日記」(http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/modules/wordpress/index.php?p=66)で目をとめていただいた次第。
 あのトピックは、もっと書きたいことあったけど書けなかった、みたいになってたので、よかったよ。

 (6)
 載せてもらえるかどうかはわかんないですけど、研修総括的なのを原稿も、どこぞに投稿するべく、がんばって並行して書いてるところですよ。
 これは特定のトピックでとか、調査・見学してきた内容を、とかいうんではなくてむしろ、この研修自体がどんなふうに組まれて、どんなふうに実践してきて、どういうことをやってきたのか、ていう、どっちかていうとhow to的なことを書いている感じですよ。だから、書いてるとだいぶふわふわしそうになっちゃいそうなんだけど、そこをできるだけふわふわしないように、後代に残せるよう、事実を固着させて形にする感じで、ていう。
 ていうか、そういうのって、探しても書いてる人あんまいないし、そういうのを書けるのは当の本人だけだと思うので。どこぞで採用してもらえればいいけど。

 (7)
 10月には、日本図書館研究会の情報組織化研究グループ(旧・整研)で発表の予定ですよ。
 http://www.tezuka-gu.ac.jp/public/seiken/meeting/news.html#200810
-----------------------------------------------------
 日時: 2008年10月18日(土)14:30〜17:00
 会場: 大阪市立浪速人権文化センター 5階集会室1
 大阪環状線芦原橋駅下車
 テーマ : ハーバード日記・目録編 : 米国大学図書館での経験から
-----------------------------------------------------

 そんな感じです。

 なので、このblogもまだイキでやってます。たぶん。
posted by egamihvu at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。